裏側矯正に関して

裏側矯正について

裏側矯正って?

当院では目立たない裏側からの治療をつねに心がけております。

裏側矯正について

矯正の中で最も特殊技術が必要な治療が裏側矯正です。
アメリカでは、「きちんと治らない」「時間がかかる」「違和感がある」などの理由と表側からの矯正装置がアメリカ社会にすでに浸透しており矯正装置を隠す必要がないことから、裏側矯正は現在では衰退しております。
一方アジアやヨーロッパでは表側矯正装置に違和感を感じる方が未だに多く、裏側矯正治療が求められております。実際、裏側矯正治療は1970年代に日本で始まりました。

現在では裏側矯正治療により、歯の表側ではなく、裏側に装着することで他の人に気づかれることなく歯の矯正が可能になっております。
今まで目立つ矯正装置に抵抗があり治療を諦めていた方や職業柄矯正治療をあきらめていた方にはとても適した治療法です。

裏側からの矯正においても表側と同様の治療期間(1年半〜2年半)で良好な治療結果が得られます。
また治療期間中も矯正装置の審美的問題から起こる精神的な負担が軽減されメリットの多い治療法です。

裏側からの矯正治療には高度な技術と経験が必要ですが、院長梅木の東北大学病院での7年間と裏側専門矯正歯科医院での5年半の臨床経験から痛みの少ない迅速確実な裏側矯正を受けていただくことが可能です。

歯は見た目だけではなく機能的にも生きていく中で大切な部位です。歯並びで悩まれている方、すでに矯正治療をお考えの方は是非当院にご相談ください。

矯正歯科治療の流れ、料金はこちらをご覧ください。

表側矯正との違い

メリット

  1. 通常の矯正より装置が目立たない
    裏側矯正は歯の裏側につけることにより、笑ったときや話している時など矯正装置が他の人に気づかれにくい。
  2. 表側装置よりむし歯になりにくい
    裏側矯正装置周囲は常に唾液が流れておりむし歯になりにくいです。

こんな方におすすめ

女性の方や接客業等のお客様と話すことが多い方

仕事上どうしても周りの方に歯を見られてしまう方は歯並びが気になり歯列矯正治療をお考えになる方もいらっしゃると思います。
ところが、表側の装置を付けると目立ってしまう。周りの人に見られているような気がする。もちろん治療が終了して装置をはずす時が来れば装置がはずれた爽快感やきれいな歯並びになれた満足感で「治療を受けてよかった。」と充実感でいっぱいだと思いますが。

裏側矯正は裏側に装置をつけることで周りからの目線を気にすることが無くなります。
裏側矯正治療を受けている方はきっと人と話すことが楽しくなり、治療中でも表情が自然と明るくなるのではと思います。

初回無料相談

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    0422-27-6369